ぎっくり首!?本当に痛くてびっくりします

ぎっくり腰はよく聞きますが、ぎっくり首ってご存知ですか。寝違え、むち打ちなどとも呼ばれていますね。
私、去年末にぎっくり首になりましたので、体験談です。笑

あれは忘れもしない12月24日。普段より多めの食事と久しぶりのお酒を飲んで就寝。夜中にふと目が覚めて、枕の位置を直そうと首を持ち上げた瞬間、文字通り「グキッ!」っとなりました。

とにかく痛いです。特に朝は痛くてベッドから起き上がることもできず、起きても数時間は痛くて満足に動けないです。ネットで検索しても、温めるのがよいのか冷やすのが良いのか、それすらもわからず・・・。

ぎっくり首

約2か月間、激痛に耐えました。実際に痛みを和らげた方法、病院や整体院、薬剤師の先生に伺った話をお伝えしたいと思います。

まずはストレッチ

ネットで見つけて感動しました。

この方法で痛みが和らぐ場合、続けていくと良いと思います。痛みは本当にすぐ和らいでいくのが実感できるはずです。

左手の水かき部分のツボ

行きつけの薬剤師の先生に教えていただきました。左は血、右は水だそうです。
左手の親指と人差し指の間、水かきの場所に首痛を和らげるツボがあります。少し強めに押すと、首の痛みがかなり楽になります。

足湯・半身浴

体を温めるとかなり楽になります。足湯のポイントは足首までよく温めることです。

しっかり温めたら靴下を履いて、寝る前は湯たんぽなどで足を冷やさないことです。これで寝起きの痛みがかなり和らぎました。

Fotolia_74384918_XS

個人的には、針治療や湿布などはあまり効果がなかった気がします。あとサウナは荒治療ですが効果的、足の裏をゴルフボールなどでマッサージするのもオススメです。

冬、特に冷える年は、ぎっくり首の患者さんも多いそうです。食べ過ぎや飲みすぎも原因らしいです。ご注意を!